IBホームBLOG

春です

先日の大雪は久しぶりだったので驚いた人もいたでしょう
暖かくなってきたのでそろそろ住宅が欲しくなった人は住宅の見学に行きましょう。
[PR]
# by ibhome | 2011-02-16 10:46 | 社長のブログ

太陽光発電が住宅取得を救う

11月1日から太陽光ソーラーパネルで作った電気を今までの倍の価格48円/キロワットで買電してくれるようになりました。画期的なことです。
弊社で建ててもらったお客様でオール電化に太陽光ソーラーパネルを装備した住宅に実際に住んでいるご家庭の一年間の電気代を聞いてみました。(もちろん電気しか使っていない。)3人家族のごく普通のご家庭で27坪の2階建ての住宅です。使用装備は
太陽光パネル3.15KW、エコキュート  370Lフルオート、IHクッキングヒーター、蓄熱式電気暖房機5K1台、3K2台、エアコン10帖用1台、6帖用1台
1年間に買った電気代          81,676円
1年間に売った電気代         69,446円
差引実際に1年間に支払った電気代 12,230円
1ヶ月平均1,028円/月でした。これが買電価格が2倍になったら1年間に57,216円のもうけということになります。1ヶ月4,768円の利益になります。ゼロエネルギーどころではなく儲かってしまいます。
弊社の客様に聞いたところ1世帯平均の光熱費は約16,000円/月でした。これが0円になり4,768円のプラスですから合計1ヶ月20,768円光熱費がうく計算になります。これを、住宅ローンに充てれば楽に住宅ローンが払えますね。だから、太陽光発電が住宅取得の救世主になるんです。皆さんもこの機会に住宅取得を考えてみてはいかがですか。意外といけると思います。弊社の太陽光ソーラー付住宅「ソラーナ」なら24坪で980万円(税込1,029万円)です。くわしくはお問合せ下さい。
[PR]
# by ibhome | 2009-11-02 20:41 | 住宅豆知識

個人年金は自分で備えよう

 景気もよくありませんが、もっと心配なのは、私たちの老後の生活のことです。社会保険庁のずさんな年金運用や無駄遣いのせいで、「私達がもらえる年金が将来満額もらえなくなるかもしれない」ということが現実的になってきました。定年後の現金収入が年金以外にある人はごくまれです。ほとんどの人は、年金しか頼れません。平均的な夫婦2人で40年間厚生年金に加入した場合(奥さんが専業主婦)年金支給額は21万円です。老後余裕のある生活をするために必要な金額は38万円だそうです。すると約17万円が不足するのです。この不足額を補うのが個人年金です。私はこの個人年金を保険以外で調達することをお奨めします。それは一戸建ての貸家です。貸家を購入して15年ローンで支払います。弊社が家賃保証しますので、この貸家から固定の家賃が生まれます。それに不足額約2~3万円を自己負担して運用します。15年で貸家のローンが0になります。ちょうど定年後に土地と貸家が借金なしで残ります。これを継続して賃貸で運用すると、家賃が年金代わりにもらえる仕組みです。以前あった投資マンションのイメージです。投資マンションと異なるのは、土地付一戸建て住宅だ゙ということです。返済が終われば、その時点で売却して現金を回収することもできます。マンションと違って建物は減価償却するが土地の価格は残るからです。しかも投資額以上で売れます。これからは国に頼らず自分で貸家を使って年金を自分で作りましょう。
c0183882_1905132.jpg

[PR]
# by ibhome | 2009-06-18 19:01 | 社長のブログ

不動産の買い方

不動産とくに一戸建て住宅や分譲マンションは一つの金融商品なのです。買った物件を人に貸したり売ったりあるいは物件を担保にお金を融資してもらったりできます。まさにお金と同じなのです。ですから、不動産物件を買うときにはその物件が流動性に優れているかどうかを見極めて購入したほうが良いです。弊社に来るお客様には良くお話をするのですが、郊外の安くて広い土地と街中の生活に便利な狭い土地ではどちらがいいと思いますか?と聞いてみます。するとお客様は郊外の安くて広い土地がいいと言います。そのとき私は街中の狭い土地の方がいいですよと教えてあげます。なぜかと言うと、将来自分達が年をとって車を運転できなくなった時のことを考えてみてください。買い物や病院へ行くのにバスやタクシーで行くようになり大変不便で、お金がかかります。街中であれば近くに病院もあればスーパーも歩いていけるかもしれません。また、状況が変わって住宅を売却しなければならなくなった時、郊外の住宅と、街中の住宅どちらが早く売れると思いますか?街中の物件の方が早く買い手がつくのです。郊外の物件は人気が無くて値段を下げても売れないことがあります。値段じゃなく場所なのです。場所が不便なところは売れないのです。それでも郊外の方がいいと思う人は、ずっとそこに住み続ける覚悟が無いと買ってはいけないのです。いつでも換金できる物件は資産価値の目減りが少ないのです。そういう物件を買うことをおすすめします。
[PR]
# by ibhome | 2008-12-21 19:23 | 資産形成道場

募金活動の中学生

いよいよ年末になりました。10年に一度の不景気と言われていますが、先週の日曜日に地元のスーパーに買い物に行きました。すると、小雨交じりの寒い日でしたが、中学生が数人で歳末助け合いの募金活動をしていました。その前を通る人達は、皆下を向いて足早にその募金箱の前を足早に通り過ぎるばかりでした。私は大声を出して「募金をお願いします」と頑張っている姿を見て感動しました。私は心ばかりの募金を箱の中に入れると、その中学生たちはにこっと笑い有難うございます。と言ってくれました。なんとすばらしい子供達ではないかと感心しました。今の若い人達もすてたものじゃない。我々中高年も頑張らないといけないと思いました。
[PR]
# by ibhome | 2008-12-19 20:15 | 社長のブログ



展示会などのイベント情報や社長・社員のつぶやきをお送りします。